pixta_20836785_S

ムダ毛処理後の黒ずみを避けるにはどうしたらいい?

長年ムダ毛を自己処理いていると、脱毛したところが部分的に黒ずんでくることがあります。また光脱毛やレーザー脱毛をする場合でも、施術後のケアを怠っていると黒ずみが発生する可能性があります。
では、ムダ毛処理後の黒ずみを避けるには、どうすればいいのでしょうか。

自己処理をする場合は肌への負担が少ない方法で

自己処理による脱毛は、サロンやクリニックでの脱毛に比べて肌に大きな負担がかかります。
特に毛抜き等を使ってムダ毛を引き抜いていると毛穴に炎症が起こって毛嚢炎を起こしてしまうことがありますので、ムダ毛はできるだけ剃って処理するようにしましょう。

そして剃刀で剃る場合も、できるだけ肌を傷めないようにすることが大切です。
具体的には、

  • ムダ毛を剃る前は必ずシェービングローションを使う
  • お風呂上りなど、お肌が柔らかくなっている時にシェービングする
  • カミソリは常に清潔に保つ

といった対策が効果的でしょう。

アフターケアを丁寧にしよう

ムダ毛処理後の黒ずみを避けるには、脱毛後のアフターケアもしっかり行うようにしましょう。
というのもカミソリ等でムダ毛処理をした場合、肌にはとても細かい傷がついているため、これをそのまま放置していると肌荒れを起こし、色素沈着してしまう可能性があります。
そこでムダ毛処理をした後は化粧水を使ってしっかりと保湿し、お肌に潤いを補給しておきましょう。

またお肌に触れてみて熱感を覚えるような場合は、ムダ毛処理をしたことでお肌に炎症が起こっている可能性がありますので、冷やしたタオルなどを使って優しくアイシングしておくことをおすすめします。

光脱毛・レーザー脱毛の施術後の注意点

光脱毛や医療レーザー脱毛によるムダ毛処理をする場合、肌の黒ずみを避けるために一つ気を付けなければならないことがあります。

それは、施術後数日間はできるだけ紫外線に当たらないようにする、ということです。

というのも光脱毛や医療レーザー脱毛では施術時に熱が生じるため、一時的にではあるもののお肌がかなりデリケートな状態になっています。
そしてその状態の肌に長時間紫外線が当たると、肌に赤みが生じたり火傷したりして、最悪の場合は色素沈着を起こして肌が黒ずんでしまことがあるのです。

そこでサロンやクリニックで施術を受けた後は、肌を露出する服装を控えたり日焼け止めを塗ったりして、施術部位が紫外線に当たらないよう注意しましょう。