毛周期は部位ごとに異なる

pixta_22096988_S

人の体毛は、毛周期に合わせて生えたり抜けたりを繰り返しています。
そしてこの毛周期は、体のパーツごとにその長さが異なります。
脱毛サロンではこの毛周期に合わせて施術を受けていく必要がありますので、どの部分の毛周期がどのくらいの長さなのか、チェックしておきましょう!

毛周期ってなに!?

「毛周期」についてご存知ですか?
人の体毛は、それが髪の毛であれわき毛であれ、常に生えっぱなしというわけではありません。

【成長期】毛母細胞が分裂して毛が成長する
     ↓
【退行期】毛の成長が止まり、これが徐々に上へと押し上げられていく
     ↓
【休止期】毛が自然に抜け落ちる

といったように、抜けたり生えたりを繰り返しているのです。
そしてこの成長期~休止期までの“毛の生えかわりのサイクル”のことを「毛周期」と呼びます。

【部位別】毛周期の長さ

さて、この毛周期ですが、部位によって期間が異なります。

●髪の毛
他の部分と比べて成長期が長く、成長期間が2~6年、休止期間が3~4ヶ月程度あります。

●ワキ
ワキ毛は成長スピードが速く、1日に0.3ミリ程度伸びています。そしてその毛周期は、成長期間が3~5ヶ月程度、休止期間が3~5ヶ月程度となっています。

●腕・脚
腕や脚の毛は、成長期が4~5ヶ月程度、休止期が4~5ヶ月程度となっています。
この部分に生えている毛は自然に抜け落ちるまでの期間が長いため、人によっては毛が肌表面に出てきてから自然に抜け落ちるまでに半年程度の期間がかかることもあります。

●VIOライン
ビキニラインの毛は、成長期間が1~2年、休止期間が1~1.5年となっています。

脱毛完了までに必要な期間は毛周期によって変わる!

脱毛サロンでムダ毛処理をする場合、その施術は毛周期に合わせて受ける必要があります。

例えば脇脱毛をする場合、施術時点で肌表面に出てきていない毛に関してはこれが成長期に入った段階で施術する必要がありますし、施術によって抜け落ちた毛に関しても、再びこれが生えてきた段階で再度施術を行う必要があります。

そうすると、脱毛までにどのくらいの期間が必要になるかということは、そのパーツに生えているムダ毛の毛周期がどのくらいなのかということによって変わってくることになります。
毛周期が長ければ長いほど、脱毛完了までにかかる期間が長くなってくるわけですね。

各部位の毛周期について知っておくと脱毛のスケジュールも立てやすくなりますので、サロン脱毛をご検討中の方はパーツごとの毛周期を見ながら施術の予定を組んでみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ