pixta_20811303_S

永久脱毛をするならやっぱり皮膚科かな…なんてお考えの方も多いかと思いますが、皮膚科での脱毛には、様々なメリット・デメリットがあります。
施術を受けてから「こんなはずじゃなかった」なんて後悔することにならないためにも、皮膚科での脱毛について正しく理解しておきましょう!

皮膚科での脱毛について知りたい!

皮膚科で行われている脱毛の施術には、「ニードル脱毛」と「医療レーザー脱毛」の2種類があります。

ニードル脱毛というのは針を使った施術法で、毛穴に針を刺して電気を流し、毛母細胞を破壊することによって脱毛します。最も効果的に永久脱毛できる脱毛法ではありますが、かなりの痛みを伴ううえ料金もかなり高いため、この脱毛法を選択する方は少なくなっています。

次に医療レーザー脱毛についてですが、この施術法では肌にレーザーを照射し、そこに生えているムダ毛の中に熱を発生させます。そしてこの熱を毛根へと伝えて毛母細胞を破壊することで、徐々にムダ毛を減らしていくのです。
美容クリニックや皮膚科での脱毛法は、この「医療レーザー脱毛」が主流となっています。

皮膚科で脱毛するメリット

皮膚科での脱毛には、以下のようなメリットがあります。

  • 医療資格保有者が施術をするため、皮膚の状態を確認しつつ安全に脱毛することができる
  • 1回の施術にかかる時間が短い
  • 脱毛完了までに必要な施術回数が少ない(サロン脱毛と比べて)
  • 肌トラブルが起こっても、その場で医師によるアフターケアが受けられる
  • 黒ずみを解消する効果が期待できる
  • VIOラインなど濃くて太い毛も確実に脱毛できる

医療レーザー脱毛で肌に照射されるエネルギー量は、光脱毛のそれと比べてはるかに高くなっています。
そのため施術の度に毛母細胞を確実に破壊し、着実に、そしてスピーディーにムダ毛処理をしていくことができるのです。

皮膚科で脱毛するデメリット

皮膚科での脱毛には、メリットだけでなく以下のようなデメリットも存在します。

  • レーザーはメラニン色素にのみ反応するため、色が薄い毛や白髪には対応できない
  • 日焼けをしていると、施術できない場合がある
  • 施術費用が高い
  • 光脱毛と比べて肌にかかる負担が大きい

医療レーザー脱毛は光脱毛と比べて肌に照射するエネルギー量が大きいため、肌の調子によっては施術ができなかったり、肌に大きな負担をかけてしまったりするのですね。
またレーザー脱毛は美容目的の施術であるため保険を使うことができず、施術にはかなりの費用がかかってしまいます。