pixta_21001098_S

剛毛コンプレックスは医療レーザー脱毛で解消

女性の中には、男性並みに太い毛が生えていたり、剃っても剃ってもなくならないムダ毛がが生えてきたりと、剛毛に悩まされている方が沢山いらっしゃいます。
確かに毛が濃くて太いと、自己処理ではなかなか綺麗に脱毛できませんよね。そこでおすすめしたいのが、医療レーザー脱毛なのです。

医療レーザー脱毛ってなに?

美容クリニックや皮膚科で施術が受けられる脱毛法に、「医療レーザー脱毛」というものがあります。

この施術では肌にレーザーを照射していくのですが、ムダ毛が生えている部分にレーザーをあてると、ムダ毛の中に含まれるメラニンがこれに反応して熱を発生させます。そしてこの熱はムダ毛の“もと”である「毛母細胞」にまで伝わり、ダメージを与えます。
ムダ毛は毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことによって成長していきますので、毛母細胞にダメージが与えられる結果、ムダ毛は徐々に薄くなり、やがてなくなってしまいます。

ちなみにこの医療レーザー脱毛ですが、現在のところ、ニードル脱毛の次に効果的な永久脱毛法であると言われています。

剛毛の悩みには医療レーザー脱毛がおすすめ!

そんな医療レーザー脱毛ですが、実はそのメカニズム自体は脱毛サロンで施術が受けられる「光脱毛」とほぼ同じです。
では両者は何が違うのかといいますと、医療レーザー脱毛の方が照射する光の“エネルギー量”が大きいのです。

そのため一度の施術で毛母細胞に与えられるダメージ量は光脱毛によるものよりもかなり大きく、光脱毛では薄くするのが難しい(かなりの施術回数が必要)剛毛についても、4~6回程度の施術でツルツルに、あるいはムダ毛がほとんど再生してこないような状態にまですることができます。

医療レーザー脱毛のデメリットとは

そんな医療レーザー脱毛ですが、以下のようなデメリットも存在します。

  • 光脱毛よりも費用が高い
  • 敏感肌の方や肌が弱い方の場合、火傷してしまう可能性がある

肌質的に問題ないのであれば、やはり気になるのは費用面ですかね・・・。

医療レーザー脱毛にも光脱毛にもそれぞれにメリット・デメリットがありますので、剛毛に悩まされているという方は、毛が濃くて太い部分については医療レーザー脱毛で、それほどでもない部分についてはサロンで施術を受けるなどして2つの脱毛法を使い分けてみるというのもおすすめです。

剛毛を自己処理でどうにかしようとすると肌を痛めたり仕上がりが汚くなったりしますので、医療レーザー脱毛の施術を受けて憧れのスベスベお肌を手に入れる、なんてことを検討してみてはいかがでしょうか?